Enter your search terms:
Top
 

簡単に分かる!Facebookページのタイムライン導入ガイド

Timeline3

  • Facebookを利用して、世界に向けて販売をしたい人が読むブログ

先日、息子を連れて「ラウンドワン」に行ったんですね。

ラウンドワンにはバスによる無料送迎サービスというのを実施しており、

ネットでぱっと見た瞬間、これだ!と思って、息子を家から引っ張り出したわけです。

ところが、サイトで見たその駅前で待っていたのですが、

待てど暮らせどやって来ないわけです。

約1時間後、うーん、情報を見間違えたかと思い

諦めムードになったその時、ちゃんとバスは来てくれて、ひと安心。

なにせ息子は乗り物大好きですから、待った甲斐がありました。

でもって、意気揚々と乗り込む息子の姿を見ながら

どうだ、父ちゃん、今日は最高のエンターテイメントを提供してやるぜ!

なんて思いに耽っていたのですが

そのバス、ずいずいと郊外へ向かい、

ぐるーっと回って、家の近所に。。。

おい、自転車で行った方が断然はえーよ!

サイトの情報はちゃんと見なければいけませんね。


簡単に分かる!
Facebookページのタイムライン導入ガイド


そんなバカ親父が提供する今回のブログはHow to ものです。

Facebookを利用していない方は、すっとばかして、どうぞ別のブログをご覧ください。

3月より始まったFacebookページのタイムラインは、3月31日をもって強制的に変更されます。

プライベートアカウントのタイムラインと若干仕様が異なっていますので、

ここで簡単に解説しますね。

カバー写真

Timeline3

カバー写真は、Facebookページの顔になるので、工夫したいところですね。写真のサイズは横851px × 縦315pxとなっています。自動リサイズはされないので、きれいにはめ込みたい場合はサイズを変更する必要があります。GIFアニメを入れられないかと試してみましたが、使用できなかったので、通常のjpg、gif、pngが適当のようです。

管理者用パネル

timeline1

これまで左側にあったインサイト情報など管理者情報は、ページ右上の「管理者用パネル」に集約されました。お知らせや新規の「いいね!」やインサイト情報を管理者パネルで確認できます。また、新規でメッセージ機能が追加されていますので、ファンの方に直接メッセージを送ることができるようになりました。そのほか、ページ編集、アクティビティログの利用、広告の作成などもこちらに集約されました。

トップページに固定

timeline4

投稿をトップページに固定させて投稿別にリーチ率をアップさせることができます。写真のように鉛筆マークをクリックし、表示されるメニューから「トップに固定」を選択するだけです。ただし、固定される期間は7日間です。
これはキャンペーンなどを行う場合には便利ですね。
また、新規で投稿する際には「大事な出来事」というところから投稿することもできます。

timeline2

ランディングページが廃止に

アプリなどを利用して「いいね!」を押させて開けるWelcomeページなどのランディングページが廃止となりました。

これまで、ランディングページを利用してファンを獲得を狙っていたページは

打撃を受けることになりますが、

Facebook側としてユーザー利用の便宜をよりよくするための措置だと思われます。

確かにランディングページは個々のFacebpookページの個性を出すのに良いアプリケーションでしたが、

「規格統一」というところで、

今後はよりコンテンツの良さが求められるようになる

と思いますので、

これからは、

ウォールに表示されるコンテンツの内容と

Facebook広告を

いかに上手に使いこなすかが

マーケティングとして重要になってくるかと思われます。