Enter your search terms:
Top
 

給料の上がらないサラリーマンに告ぐ! 会社は“泳ぐのに安全でも適切でもありません” マクロに考える独立・起業のススメ

SONY Center ソニー技術の粋を結集した現代ベルリン建築の象徴だったが、2008年に売却された。

SONY Center ソニー技術の粋を結集した現代ベルリン建築の象徴だったが、2008年に売却された。

ゴールドコーストは秋めいてきたとはいえ、

ま~、まだまだ昼間は暑いんです!

そんな汗だくの毎日を送っている僕ですが、いらっとするのが、ネットのダウン。

日本の方は信じられないでしょうが、オーストラリアでは結構あるんですね。

今回は約24時間、ネットが使えない状態に。

んもぅ! 仕事にならん!

というわけで、知人のオフィスに、ネットを使わせてもらうために、町へ向かったわけですよ。

 

ゴールドコーストは、人口約53万人(2012年現在)、日本でいえば板橋区と同じくらいの規模の町です。

そんな町でも、僕が住む場所のバス停では1時間に1本。。。

時刻表を見れば、次のバスは10:26着らしい。

タイミング良く、あと4分後。

でも、バスを待つのですが、まぁ時間通りには来ません。

というわけで、待っているのもなんだし、

もう1つ向こうのバスまで歩いちゃえ!と思って次のバス停に来たら、

時刻表の到着予定時刻には、10:25着とある????

 

え!? ええ!?、なんでさっきのバス停より早く着くことになってるの!?、なんでなん?

 

と常識のある人なら、プチパニックになりますよね。

いえいえ、もっちろん、逆方向じゃないですよ。そこまで方向音痴じゃないですから!

もう、時刻表もまともにかけない国に住んでるわけですよ、僕は………

でも、ある意味、なんかそんなことも、この青空を見ていると、幸せだと思っちゃいました。

busstop


給料の上がらないサラリーマンに告ぐ!
会社は“泳ぐのに安全でも適切でもありません”
マクロに考える独立・起業のすすめ


 

先月から、シャープが台湾の鴻海精密工業に事実上の買収が発表されたり、

SONYが1万人規模の人員削減を行うと発表したりと、

sony

SONY Center ソニー技術の粋を結集した現代ベルリン建築の象徴だったが、2008年に売却された。

日本が世界に誇ってきた大企業の苦しい台所事情が、次々に露呈してきています。

その影響は下請けである、中小企業の方が実は深刻なわけです。

こうした企業の状況はもう何年も続いてきましたが、

こうした大きなニュースが続くと、

「こんな不景気では、石にかじりついてでも会社に残ってやる」

「こんなに仕事がない時代に、独立・起業なんて無謀すぎる」

という意見がすごく大きくなるわけですが、

本当のところ、どうなのか?

 

なぜ、そんなことを思うかと言えば、僕も個人事業主ですから、

今後、食っていくために常に、情報や知識などを得るように、

少なくとも努力だけはしているつもりですが、

周囲のサラリーマン勤めの人は、やはりその辺の意識というのが、

僕らより低いなと感じることが多いんですね。どうしても。

特に日本国内だと、その意識のかい離は顕著だと感じたわけです。

 

「独立」と聞くと、ひと昔前であれば、

サラリーマンが1度は憧れる自由なライフスタイルだったわけですが、

「こんな時代じゃ、食っていけない」と鼻から決めかかっている風潮がありますね。

でもね、って僕は言いたい。

「こんな時代」というのは現状の話であり、

実際はその先を見つめて議論を進めるべきです。

 

例えば、野田政権の下、消費増税が確定的という日本では今後、
 

増税→消費の冷え込み→よりデフレ→不景気の深刻化

 
となるでしょう。

これは分かりやすい理論ですが、

もっと広げてマクロ的に見れば、

石油の値上がりなどが分かりやすい例ですが、

商品の「原材料費」というのはすでに値上がりしているため、

増税+原材料費高で、企業は商品価格を上げざる負えない状況です。

 

インフレ・デフレの話ばかりが取りざたされていますが、

僕は増税により、実質上の物価高+景気後退、つまり

 

スタグフレーション時代への突入

 

というシナリオが一番現実的だと感じています。

 

となると、企業はもう体力勝負です。

低価格で競争に強い商品を持つ企業だけが生き残る。

早い話、ほとんどの企業の業績はどんどん悪化するわけです。

ということは、皆さんもすでにお分かりのように、

昇給・ボーナスなんてのは夢の話です。

サービス残業だってもっともっと増えるこどでしょう。

 

ええ、皆さんが感じているその通りです。

それと対比して、独立の場合は、

  • 固定費(人件費やオフィスの家賃など)が滅法少なく、

  • 柔軟なビジネススタイルを自在にできる

 

というところから考えると、

独立・起業というのは、

意外とリスクが低いのではと思えるわけです。

無策な経営者や頭の悪い上司にガミガミ言われることなく、

いきなりトップに立てるという起業という選択は、

ストレスからもフリーにしてくれるとも言えます。

 

そんなことを言われても、

自分には家族もあるし、いきなり定収入をなくすなんて、できっこない!

と思う人もいるでしょう。

そういう人がほとんどかと思います。

ただし、視点を逆転させれば、

そういう考えの人ばかりだからこそ、

独立した業種への参入者が少なく、競合が少ないため

独立している人は意外と食っていけちゃう

という状況であるのも事実です。

とりわけ、僕がいるWeb関連業は参入障壁は低いので、

こんなことを書いたら、

自分の首を絞めることにもなりかねないわけですが、

今のところ、同じWeb制作者でも、

僕のようなコンセプトで行っているところは結構少ないですから。

ええ、皆さんには、もっと違うところでがんばってください!

なんつって。
(こんなオチでいいのか!?)