Enter your search terms:
Top
 

関西人にしか伝わらないが、受験や多言語サイト制作に使える英語の難解表現「Get」の翻訳

osaka
最近は、日本のホームページもグローバル化ということで、

2カ国語や多言語サイトは珍しくなくなってきました。

僕も時に、翻訳込みでホームページ制作を頼まれることがありますが、

英語でブログを書く人も増えてきましたね。

翻訳では、以前も書きましたが、個人的にはニュアンスを重要視しています。

というのも辞書通りに翻訳をしていたのでは、キャッチコピーを考えにくいですし、

「本意」が伝わりにくいからなんですね。

そういう意味では、英語から日本語への翻訳には、まさに「日本語力」が問われると思ったほうがいいです。

というのもですね、

 
「頑張って!」など、本来は英語に訳せない日本語があるように、

 
日本語に訳せない英語というのもあるので、

 

ニュアンスに頼るしかない場面というのが結構あるんですね。

 

「get」「have」「take」「make」といった

 

辞書を引くと、やたら意味の出てくる動詞ほど、

 

やさしい単語に見えて実際は翻訳が難しいんですね。

 

そこで、今回は、その中でも、

 

特に日常会話でよく使う「Get」について、

 

覚えやすいイメージをここにメモっておこうと思うのですが、

 

僕の場合、関西弁に置き換えるとスムーズに頭に入ってくるので、

 

ここは関西人限定!ってことで。(なんでじゃっ!?)

 

さて、皆さん、(浜村淳か)

例えば、以下の英語を翻訳できますか?

  1. Something’s gotta(=got to) give.
  2. You got me good!
  3. Do you wanna get down tonight?

 

これらは、フレーズだけを前後関係なしで翻訳するのは難しい「get」の用法です。

 

直訳的には

  1. 何かが与えなければならない
  2. 君は上手に僕を(手玉に)取った
  3. 君は今晩(街へと)降りて行きたいですか?

といったところでしょう。

直訳の1はなんのこっちゃ分かりませんし、2と3はカッコ付きじゃないないと意味が通じません。

 

そこで、「get」という英単語をイメージする必要がありまして、

「get」とは、「手を動かしている状態」とイメージしてください。

 

さて、手が動いているイメージを思い浮かべると、

  1. 僕はget toを「何かを得るために手を伸ばしている状態」をイメージすることが多いです
  2. You got me はまさしく、あなたの手が私を掴んでいるイメージで、捕まっちゃったよ!逃げられないよ!といった状態をイメージできます
  3. get downは「降りて来いよ」と手招きしているイメージです

ということを踏まえると、

関西弁の翻訳がふつふつと沸いてきました。以下の感じです。

  1. 何とかせなアカンやろ
  2. かなんな~、ジブン!
  3. 今晩、どう?(誘い文句)

というのが妥当かと思います。
 

特に3は辞書でも、「楽しむ」といった意味が載っています。

downとあるけども、getという動詞がひっつくことでポジティブなイメージとなります。

 

という風に、自分なりのイメージを動詞に与えておくことで、難解そうな翻訳表現もスムーズに理解できるようになるんですね。
 

受験英語の長文読解などでは、上記のような簡単な単語だが慣れないフレーズなどが出てくると、

 

パニクりますが、自分なりの映像が思い描けると、かなり助かりますので、訓練しておくといいかと思いますよ。

 

Latest comments

  • LKV 22/10/2013, 5:47 AM

    アメリカ在住17年の関西人です。17年在米の間に得た英語の知識からなんですが、3つ目の訳は、「どっか、でかけへん?」じゃなくて、体の関係を持つという意味のスラングです。今夜、一晩どう?って感じだと思います。

  • LKV 24/10/2013, 7:05 PM

    すみません!主人に確認したら、私の勘違いで、get down tonightは、今晩踊ろうっていう意味でした。get down tonightというsongとget it onというsongとよく同時に聞いてたので、混同してしまっていて、すみませんでした!

    今晩踊ろうっていうのは、楽しもうっていう事だと思います!