Enter your search terms:
Top
 

LINEのパンデミックをいかにビジネスに活用するか

スマートフォン・ユーザーに人気の無料通話・メールアプリ

「LINE」のユーザーが1億5,000万人を突破しました。

驚かされるのはその“パンデミック”ぶりです。

LINE株式会社の広報資料によれば、

ユーザー1億人到達期間は、

Facebookが54カ月、Twitterが49カ月に対し、

LINEはわずか19カ月という異例の急成長を遂げているところに注目です。

なぜLINEは急成長を遂げられたのか?

それは、LINEにはほかのソーシャル・アプリとは一線を画す3つの明確なコンセプトがあるからです。

  1. スマートフォンに特化
  2. クローズドな関係性
  3. 感情を伝えるスタンプ機能

3が重要なんですね。

ソーシャル・メディアの役割は、情報を配信する以外に

「感情を共有する」という側面が大きく、

LINEは今後も非常にポテンシャルの高いアプリだと思います。

さて、LINEをどうビジネスに活用するか?

これは、単純に、顧客との連絡をメールでしてきた人は、

LINEに変えることできっとその効果が体感できるかと思います。

その利点は以下の3点です。

1. 急用でも即時的かつ簡単に返信できる
2. スタンプ1つで感情を伝えられるので、理解が早くなり、受け取り側は寛容になる
3.「既読」表示により、用件が伝わったことがすぐに分かる

写真は、僕とクライアントとのやり取りですが、

SHIG1SHIG2

「こんな不真面目な感じでお客様とやり取りできるか!」

と思う人もいるでしょう。

しかし、LINEでは、LINEを使用している人同士にしか分からないコミュニケーションのやり方があります。

例えば、スタンプを送るという行為は絵文字と似たようものですが、

その種類や図柄の可愛さなどから、

やはり絵文字とはひと味もふた味も「伝わり方」が違います。

また、LINEを利用している人同士の特有な関係性ができているのですから、

不真面目さを感じることはないでしょう。

商売は、人と人とのつながりがすべてといっても過言ではありません。

LINEはそういう意味でもう一歩関係性を作れるツールだと言えます。

そういう意味では、

留学エージェントや美容室など、1対1(または少数)で“トーク”をすることの多い業種に向いていると思います。

Post Tags: