Enter your search terms:
Top
 

2015年は全業種で「キュレーター時代」が到来。そこで分かれる儲かる人と損する人

キュレーションとは、博物館(美術館含む)、図書館、公文書館のような資料蓄積型文化施設において、施設の収集する資料に関する鑑定や研究を行い、学術的専門知識をもって業務の管理監督を行う専門職、管理職を指す。[/caption]スマートフォンやタブレットの普及に伴い、2014年に顕著な成長を示した「キュレーション・サービス」。

キュレーション・サービスと言えば「Gunosy」や「NewsPicks」などのニュース・アプリが主流ですが、

キュレーション・サービスの市場規模は、2012年度の約60億円から

2014年度には推計178億円と約3倍に急成長しています。

キュレーションとは、IT用語で「情報を収集しまとめること。または収集した情報を分類し、つなぎ合わせて新しい価値を創出すること」で、

キュレーションを行う人のことを「キュレーター」と言います。

今回は、この「キュレーター」の存在が、全業種で重要視されていくというお話です。

東京・神楽坂に日本初のキュレーション・ストアが誕生

「キュレーション・サービス」と言えば、

これまではIT業界にだけ普及しているサービスという印象がありましたが、

2014年10月、東京・神楽坂に “キュレーション・ストア”、「la kagu(ラカグ)」が誕生し話題となっています。

「la kagu」は、ファッションや生活雑貨、家具、カフェなどの「衣・食・住」の要素に、

ブックスペースやレクチャースペースを融合させ、

「衣食住+知」のライフスタイルを提案してくれるストアです。

例えば、1階の生活雑貨のコーナーでは、

人気スタイリストの岡尾美代子さんがキュレーターを担当し、

独自の目線で選ばれたアイテムが並びます。

ほかにもウィメンズファッションのコーナーには、

ユナイテッドアローズの元バイヤー、安藤桃代さんがキュレーターを担当するなど、

各カテゴリーに専門のキュレーターを配し、

“時代や流行に流されない本当に良いアイテム”を提案するのが同ストアのコンセプトとなっています。

全業種に広がる「キュレーション能力」の必要性

こうした動きは2015年、確実にどの業種にも波及してきます。

なぜなら、現代は最先端のIT企業から近所のラーメン屋さんに至るまで、

どんなビジネスでも「情報戦」に勝ったものだけが生き残ってきているからです。

つまり、

「どんないい商品でも、消費者に知られていなければ、存在しないのと同じ」という単純なマーケティング理論で、

原題では、

その商品の情報をいかに多くの人に、

いかに個々の消費者に正しく、

いかに心に響く形で伝えるかによって、

商売の成功が左右するということです。

ただただ、良い商品を並べているだけでは、だれも買ってくれないという当たり前のことから、

それをどのように伝えるかという「伝え方」が重要になっているのが、ここでいう「情報戦」という意味です。

 

一風堂シドニー店

一風堂シドニー店

これはラーメン・チェーン大手の一風堂が世界進出する際、

海外第1号店に情報発信都市であるニューヨークを選んだ戦略を考えればよく分かるでしょう。

一風堂は、単純に市場規模だけを考えてニューヨークに進出したのではありません。

海外第1号店を出店した時から、おおよその世界進出が視野にあり、

海外で成功するための情報をキュレートできていたからこそ、ニューヨークに進出したのです。
キュレーターはその分野のプロとして、

最先端の情報を常に収集し、

独自の視点でそれをまとめ、編集し、

商品アイデアやサービス向上に落とし込むことができる人材です。

 

そのため、IT企業でも、ラーメン屋さんでも

こうしたキュレーション能力のある人材がいなければ、

これからの時代は利益を上げることは困難となるでしょう。

なぜなら、これを理解しているライバル企業は2015年を待たずして、すでに始めているからです。

 

そして、これから就職活動を考えている学生などは、いかに情報をキュレートできるのかが、面接で問われることになるでしょう。

たとえば、自身が目指す業界の将来について、情報を収集し、編集し、

独自の視点で現状から未来に対するプレゼンができ、実行可能できると思われる人だけが、

希望の会社に就職できるようになるでしょう。