Enter your search terms:
Top
 

2016年Apple PayやiPhone7 はどうなる?

iPhoneやiPadでおなじみの「Apple」は、今やデジタル製品の王様といった企業に成長しました。

皆様の多くも一度はApple社製の製品を使ったことがあることでしょう。

今回は、そんなAppleに関する2016年に注目すべき動向について解説したいと思います。

Apple Payは普及するのか?

apple pay

Appleは2015年11月9日、iPhoneやApple Watchなどで簡単に決済できるクレジットカードサービス「Apple Pay」をオーストラリアでもスタートさせました。
日本では2015年12月現在、まだスタートしていません。
米国ではデジタル決済全体の1%がApple Payという急速な利用者の伸びを見せており、今後の世界展開に注目を集めています。

Apple Payの設定方法については、僕のブログ(http://selectaus.com/apple-pay/)で確認していただければと思いますが、念頭に入れておいていただきたいのは、導入を検討しているECサイトや店舗側の方たちです。 

現在のところ、オーストラリアではアメリカンエクスプレス(AMEX)のみが対応されており、2015年はまだテスト段階的な状況のApple Payですが、米国や英国での成功を考えると、2016年はApple Payの普及は日本にも及ぶと予測されます。

なぜならば、オーストラリア国内には200万人以上のiPhoneユーザーがおり、携帯電話会社のシェアとしては34.9%と世界で最も「iOS」を利用している国です。

また、日本はスマートフォン所有者の60%以上がiPhoneという世界一のiPhone大国です。この日豪のマーケットを放っておくとは思えないので、2016年はApple Payの動向に注目されておくことをお勧めします。

iPhone7は「買い」なのか?

iPhone7は2016年9月発売か?

さて、日本とオーストラリアがいかにApple好きな国民かについては上述の通りです。

そんな日本とオーストラリアのiPhoneユーザーでは、2016年9月に発売が噂される「iPhone 7」に期待している人も多いかと思います。

近年は確信犯的にiPhoneの最新モデルのスペックやデザインがリークされていますが、iPhone7の新たな特徴は「防水」「4K」「デザイン一新」「独自SIM」というのが大筋の見方だそうです。

最近は(S)シリーズまで待って購入される方も増えていますが、iPhone7はさらなる売り上げ増が見込まれそうです。

Apple WatchでAppleは株を下げた?

Apple Watch

Appleは2015年、「iPhone 6s(plus)」が記録的な売り上げとなったほか、Macシリーズの好調な売れ行きが続いたことにより、、2015年度の売上高が28兆円越えとなる大幅増益を達成しました。

しかしながら、2015年に鳴り物入りでデビューしたApple Watchの販売台数はなぜか公開されていません。

こうしたことから、Apple Watchの需要が急速に減退しているという噂がまことしやかに囁かれています。

Apple WatchはApple Payとも深くかかわる端末なので、Appleの戦略は2016年にぼろぼろと崩れるのではないかとまで言われています。

しかし、Apple製品の多くはデビュー後、「供給が需要に追いつけない」ことが多々ありました。

こうしたことから考えれば、結局は2016年もこれまでと同様にAppleの快進撃は続くのだろうと思われます。

iPhoneを始め、製品ばかりではなくサービスや接客でも多くのファンを持つAppleの王国はもうしばらくは安泰のようです。