Enter your search terms:
Top

リモートワークで働き方改革したい人が知っておくべきツール

会社に出社せず、在宅や貸しオフィスなどから遠隔で仕事をする「リモートワーク」ではたらく人が増えています。 リモートワークは、”働き方改革”がさけばれる日本だけでの動きではなく、先進国各国で進められています。 しかし、リモートワークの環境が整っていないと、結局、思ったように仕事がはかどらないと感じる人が多くいるのも事実。 そこで、今回はリモートワークを円滑にするためのWebサービスやツールについて紹介します。 情報共有やクラウド会議などを一括で行える「ChatWork」 【プロダクトアップデート】Android版アプリで招待リンク機能をリリースしました!商談や会議のあとに招待リンクを送れば、続きの会話はチャットワークでできます。iOS版アプリも順次公開予定です。 pic.twitter.com/FI6iRzvWN5— チャットワーク公式アカウント (@chatwork_ja) 2018年5月18日 メールや会議、電話などの社内業務は「ChatWork」を導入すれば、社内でも社外でも円滑に行うことができます。 主な機能は、グループチャット、タスク管理、ファイル共有、ビデオ通話など。 業務円滑のコミュニケーションツールとして多くの企業が導入しています。 無料プランから利用が可能なので、個人事業主から大企業まで利用価値は高いと言えるでしょう。 また、同様の機能を持つサービスとして「Slack」も人気です。 大人数のオンライン会議ならZOOM Zoom is delivering happiness in Japan! #MeetHappy https://t.co/u33Hf6qAWo— Zoom (@zoom_us) 2018年8月9日 リモートワークで重要となってくるのが会議への参加。 オンラインのビデオ会議にはChatWorkをはじめ、いろいろなツールがありますが、 残念ながら今のツールではせいぜい5人くらいがスムーズに通話できる限界だったりもします。 そこで、大人数でも通信が安定したオンライン会議が必要な場合には「ZOOM」がおすすめです。 最大500人まで同時参加が可能でHDの高画質によるオンライン会議が可能となります。 未だにワードやエクセル、パワポを使ってる? それならG Suiteに乗り換えてみては? Create new @googledocs with this .new shortcut. It's that easy. 🙌 pic.twitter.com/EcED58ma9y— G Suite (@gsuite) 2018年11月12日 「G Suite」とはGoogleが提供しているオフィスツールです。 メールのGmailをはじめクラウド上で共有できるドキュメント(MSワードに相当)やスプレッドシート(MSエクセルに相当)をツールが無料また有料で利用できます。 機能はカレンダーやビデオチャットのハングアウト、フォームなどかなり多機能で、オフィス関連の業務はほぼ「G Suite」で完結できると言っても過言ではありません。 もちろんスマホとの同期も簡単にできるので、社内はもちろん外部との情報共有も円滑に行うことができます。 管理職の人は必須のツール「Trello(トレロ)」 How an org like UNICEF mobilizes during a major emergency—A deep dive into how UNICEF’s innovation team used Trello to respond during Hurricane Irma: https://t.co/Vjmu27pIy5 pic.twitter.com/HJDjrldTGr— Trello (@trello) 2018年11月9日 誰がどんなタスクを抱えていて、進捗状況はどうなっているのかを把握するには、これまでは社内でのヒアリングが重要とされていました。 しかし、リモートワークでは「Trello」を使うことをおすすめします。 ボードに付箋を貼っていくようにタスク管理ができるので、アナログ派の人でもわかりやすいと人気です。 いかがでしたか?  リモートワークは会社側からすれば従業員コストの削減、雇用者側からは通勤時間の削減などあらゆるコスト削減のメリットがあります。 そればかりか、うまく回せば世界中から優秀な社員を雇用できるツールとなるため、生産性の向上のためのツールとしても注目を集めています。 企業側も社員側もこれを機にリモートワークの導入を考えてみては? ...

Tik Tokほか、今の女子中高生に流行っていることまとめ 2018年上半期編

ウェブ・マーケティングでは女子中高生の流行が常に話題となります。

無料またはお小遣い程度で購入できるアプリが普及し、SNSによって膨大なトラフィックを生み出す女子高生の流行の拡散力はどの世代に比べても強力です。

mideax

2019年に向けて! ウェブデザインの最新トレンドを知る

2018年9月にAppleの最新機種「iPhone XS」が発表されました。

 

デバイスの進化とともにウェブデザインも進化しています。

 

そこで、今回は2019年に向けたウェブデザインの最新トレンドについて、紹介したいと思います。

mideax
モバイルページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要因として使用

モバイル向けのSEO対策はGoogle「スピードアップデート」を意識する

グーグルは2018年7月より、

モバイルページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要因として使用する「Speed Update」

をスタートさせていますが、

実際にスマホで検索するのとパソコンで検索したのでは、順位が異なってくるケースが出てきています。

mideax

海外向け越境ECサイト運営者は要注意!海外SEO対策の必須項目はコレ!

最近、お問い合わせが増えているのがECサイト(オンラインショッピング・サイト)です。

オーストラリア在住の日本人の方なら、

例えばUGGブーツなどの豪州ならではの製品を日本向けに日本語のECサイトで販売できるという優位点がありますから、

越境ECサイトを立ち上げてみたいという人は多いことかと思います。

mideax
集客力を今すぐ高められる!チャットなどを利用した「Web接客」機能とは?

集客力を今すぐ高められる!チャットなどを利用した「Web接客」機能とは?

皆さんがビジネスにウェブサイトを活用している目的は、とにもかくにもお客様を集めることにほかなりません。
 
つまり、ウェブによる「集客」です。
 

いくら検索順位の高いサイトを立ち上げたからと言って、お問い合わせがなかったり、売り上げが立たないサイトでは意味がないのです。
 
実は、集客に悩むサイトは90%以上とも言われています。

mideax

スマートスピーカーで変わる音声検索の世界

最近話題の家電と言えば「スマートスピーカー」ですよね。
 
代表的なものとしては「グーグル・ ホーム」や「アマゾン・エコー」などがあります。
 
すでに愛用されている方はご存知かと思いますが、音声だけで家電を操作したり、音楽や動画を再生したり、買い物をしたり、電話をかけたりと、とても便利ですよね。

mideax

ホームページのデザインはシングルカラムで!その理由とは?

さて、突然ですが質問です。

 

あなたのホームページはパソコンで見た時、どんなレイアウトになっていますか? 

 

今でも時々見かける「2カラム」「3カラム」になっているというサイトは、リニューアルを考えたほうがいいかもしれません。

 

なぜなら、今やウェブデザインはモバイルでの閲覧を中心に考える「シングルカラム」が主流になっているからです。

mideax

インターネット広告が1兆円超えもSNSの飽和状態で出稿側は困惑。今後注目される広告メディアとは?

広告最大手・電通は2月22日、日本の総広告費や業種別広告費など、広告業界の動向を調査した「2017年 日本の広告費」を発表しました。

この発表によれば、総広告費は緩やかな景気拡大から前年比101.6%となり6兆3,907億円でした。

mideax

あなたのサイトのSSLサーバー証明書が消える?2018年3月に起こるシマンテックSSL問題とは?

ウェブサイトからの送信情報を暗号化することで、そのサイトの安全性と信頼性を担保している

「SSLサーバー証明書」。

そのSSLサーバー証明書が今、一部で危機的な状況にあることをご存知でしょうか?

mideax