Enter your search terms:
Top

「購入ボタン」のブレイクで見直されるFacebookページのビジネス利用

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は大企業から個人事業主まで業種を問わず必要な販促ツールとなりました。

でも、「どれを使えばいいのか」、「どうやってビジネスに利用すればいいのか」という点で悩む人は多いようです。

mideax
ノマド

ノマドで自活したい人のための「ウェブで稼ぐためのキーワード」

中国経済不安やサウジ・イランの対立、株価の大幅下げで幕開けした2016年。

何やら今年は世界が大きく荒れそうだと感じている人も多いのではないでしょうか?

mideax

2016年Apple PayやiPhone7 はどうなる?

iPhoneやiPadでおなじみの「Apple」は、今やデジタル製品の王様といった企業に成長しました。

皆様の多くも一度はApple社製の製品を使ったことがあることでしょう。

今回は、そんなAppleに関する2016年に注目すべき動向について解説したいと思います。

mideax

コンテンツSEO対策に効く!年末にオススメのキーワードはこれ!

今年もいよいよ大詰めとなり、皆さんのビジネスも年末に向けてラストスパートといったところではないでしょうか?

今回は、前回夏場にお伝えした「穴場の検索ワード」の年末バージョンです。

年末はネットショッピングの稼動が一年で最も活発になる時期です。

というわけで、この時期、ソーシャルメディアやブログで投稿する際にハッシュタグやキーワード対策に参考にできる「狙い目キーワード」を集めてみました。

mideax

ハロウィンの市場規模が拡大中! あなたのビジネスは今すぐハロウィン市場に参入するべきか?

ハロウィンの市場規模がついにバレンタインを凌駕

10月に入り、今年も残りわずかとなってきました。

10月から年末にかけては、ハロウィン、クリスマスという大きなイベントがあり、商売のピークを迎えるという業種も多いことでしょう。

そんな中、日本ではハロウィン市場が活況です。

mideax

Webコンテンツでの“パクリ”はどこまで許されるのか?

日本のデザイン業界を騒がせた佐野研二郎氏らによる東京五輪エンブレムの“パクリ”騒動。

一部の日本国内の企業ではすでにこの意匠を使用されていたとあって関係者はかなり肝を冷やしていたようですが、グローバル企業に使用される前に見直しとなり、ぎりぎり世界に流布する前に収束しました。

しかし、今後の佐野氏のビジネスの行方を考えると、「パクリはマジで怖い!」と思わざるを得ません。

mideax

WEBサイトでの集客を月額5万円以下で確実に向上させるために今すぐできること

このブログを読んでいただいている人の多くが、「WEBマーケティング」について関心のある方だと思います。

WEBサイトで集客って、ホント大変です。

Googleのアルゴリズムは頻繁に変わるは、新しいソーシャルメディアは次々と生まれるは、でプロでさえキャッチアップしていくのは大変です。

スモールビジネスや個人経営ならなおさら大変です。

でも、本来、WEBサイトでの集客に必要なのは、「SEO対策」と「広告」、この2つを円滑に、効率的に実施すれば確実に集客力を向上させることができます。

ところが、スモールビジネスや個人事業者が運営しているWEBサイトでは、Web専任の担当者をつけられず、結局、ホームページ制作業者や広告代理店にお任せ状態になっているところが多いんです。

mideax

Facebookをもっとビジネス化するための3つのコツ

 ユーザー数が世界で14億人と、ソーシャルメディアの雄として押しも押されぬ存在となった「Facebook」。個人アカウントでの友人とのやり取りはもとより、Facebookをビジネスに活用して、集客やプロモーションを行う企業も少なくありません。今回は、ビジネス向けにFacebookを利用している人向けに、ビジネスにも有効な新機能について紹介します。

mideax

機能性表示食品制度は豪州のネットショップや土産店にも効果をもたらすのか?

 2015年のゴールデンウィーク(GW)は、4月25日を皮切りに最大12連休という“スーパーゴールデンウィーク”となることをご存じでしょうか?
海外旅行の予約状況でもヨーロッパやオーストラリアなどの遠方が増加傾向にあり、豪州のネットショップやお土産店にとって、例年にないビジネスチャンスとなる可能性があります。

mideax
今さら部下には聞けないコンテンツマーケティング

今さら部下には聞けない「コンテンツSEO」の基本をチェック

今やビジネスの名刺代わりともなっている「ホームページ」。

中小企業庁のデータでは、ホームページのある中小企業とない中小企業では、「販売先数の増加」において4.3倍もの差が出ていることが判明しています(下記の画像参照)。

mideax