Enter your search terms:
Top
 

あなたが作る広告やブログやツイートへの反応がイマイチなのは、あなたのキャッチコピーに愛がないからだ。

kiss

先日、僕の仕事上の後輩であり、

友人のYマモトくんに、

お子さんが生まれたんですね。

あ、本人に断りなく書いているので、

名前は伏せさせていただいてます(それは伏せているとは言わないだろ)。

今日は、ネットを中心に広告を出稿している人やブログを書いている人で、

イマイチ、反応が薄いんだよなーなんていう人向けに

そんなYマモトくんのお話を書きたいと思います。

まぁ、でも、Yマモトくんが父親になったというのは、ホントおめでたいです。

おめでとう!Yマモトくん! (Yマモト表記はもういいよ!)


あなたが作る広告やブログやツイートへの
反応がイマイチなのは、
あなたのキャッチコピーに愛がないからだ。


彼は今も一線で活躍するフリーライターなんですが、

20代の若い頃に一緒に雑誌を作っている当時では気づかなかった、

彼のコピーライターとしての才能を最近発見したんですね。

 

ええ、マーケティング的に。

 

お子さんの誕生をきっかけにFacebookのウォールをざっと読んでみたのですが、

よく読むと、一様にして簡潔かつ情緒があるものだったんです。

 

もちろん、仕事とは関係のないところで、

そのコピー(文章)を書いているわけですから、

狙ったものとは言い難い。

 

にもかかわらず、ウォールを眺めているだけでも、

けっこう吸い込まれていくような感覚があったわけです。

 

その一部を引用したいと思います(これまた断りもなく)。

ちょっとそこまで雲を拾いにいってくるわ。

山の八百屋で買ってきたよ。大根100円ありがとう~。

おめでとう

おめでとう

おめでとう

ようこそ おれたちのもとへ

ありがとう

ありがとう

ありがとう

こんなに感情が動くことも そうそうありません

こんなにことばを聞かせてくれることも そうそうありません

おれたちと出会ってくださったみなさんにも

感謝の気持ちでいっぱいです

ありがとう おめでとう   ありがとう

 

さて皆さん(浜村淳?)、

みなさんはどのように感じたでしょうか。

良い悪いの判断基準は、この場合、好みでしかありませんが、

僕は非常にいいコピーを書くんだな、コイツ~って思いました。

 

この少ない例では、あまり伝わらなかったかもしれませんが、

一言で言うならば、

彼のコピーには

愛がある

ということです。

広告やブログや、はたまたツイッターなどで

反応がイマイチだななんて思っている人によくあるのが、

  • 情報誌のウケウリのようなキャッチコピー
  • どこかで見たことのあるようなコピーのパクリ
  • ただ煽っているだけ

という「愛のないコピー」です。

これは、感性やセンスの問題ではなく、

その対象物(広告など)に対する姿勢の問題なんですね。

 

例えば、ネットショップなどをやっている人のキャッチコピーは、

「SEO」ばかりを気にしている人があまりにも多い

わけですが、

そんな機械的なテクばかりを駆使しているだけでは、

人はその人から「買いたい」とは思わないわけです。

 

SEO対策というのは確かに重要なファクターですが、

 

覚えておいてもらいたいのは、

クリックしたくならないタイトル(キャッチコピー)なのだったら、

上位表示されてもあまり意味がないんじゃないですか?

ってことです。

 

いいですか?

 

私たちは、東日本大震災で「絆」の大切さを改めて感じました。

長引く不況で、自分だけが儲かれば良いという会社がどんどん倒産しました。
そういう時代では、「愛のない」会社に売り上げは立たないんですね。

 

ですから、

キャッチコピーをただかっこよくしようとこねくり回したり、

TVCMをパクッたりしても意味がないんです。

 

あなたが持つ、あなたならではの

愛のあるキャッチコピーを考えればいいんです。

 

ええ、難しくはありませんよ。

だって、

あなたは、あなたのままでいいのですから。

って思い切りどこかのCMのパクリみたいになりましたけど!

そういうことです。

Photo: reinn on flickr