Enter your search terms:
Top
 

2013年、小売店・ネットショップ運営者はシニア層の“孫需要”に注目!

mago

小売店やネットショップなどを経営している人は、

消費者の消費行動の「波」に合わせてキャンペーンを打つことが重要なわけですが、

とりわけ「卒業」「入学」「就職」「退職」「挙式」「転居」といった

“人生の節目”

となる時期には消費がグッと高まるので注目です。

 

中でも、3月から4月にかけては、卒業・退職・入学・就職・転居というのが集中するため、

多くの小売店やショップは、大々的に販促をしかけるのが通常です。

これは“ギフト”の需要が急激に高まるからなんですね。

 

普段は財布の紐が固い人も、ギフトでは安物は贈れないため

少々高い商品でも売れる傾向にあります。

 

そんな中、現在、日本人の消費を牽引しているのがシニア層です

 

なにせ、この10年で日本人の平均年収は約50万円も下がってしまい、

消費の中心であった30~40代の人は元気がありません。

 

一方、歳を取っても元気いっぱいのシニア層は消費活動も活発です。

特に昨年からは、

インターネット・ショッピングにおけるシニア層の伸びが注目されています。

 

「お年寄りはパソコンや携帯電話などのIT機器が苦手」というのは大きな勘違いです。

 

総務省や楽天リサーチなどの調査を総合すると、

 

60~64歳のインターネット利用率は約74%で、

65歳以上でも約5割が日常的にインターネットを利用しています。

 

また、その7割近くが、ネットショッピングを経験しており、

スマートフォンの購入時期も2012年7月以降から急速に伸び始めています。

 

こうしたデータから見えてくるのは、

シニア層の人たちがスマートフォンを使って

インターネット・ショッピングを当たり前のように

気軽に楽しむ時代がすぐそこまで来ている

 

ということです。

 

シニア層におけるスマートフォン所有率は昨年末の段階で約11%ですが、

 

NTTドコモの「らくらくスマートフォン」などの登場により、

 

今後の伸びは確実視されています。

 

シニア層がショッピングをするとなると、

 

一番に注目されるのが“孫へのギフト”です。

 

僕にも子どもがいますが、ジージやバーバが、いろいろ買ってくれたりするので助かっています(笑)。

 

少子化ということもあって、子どもにお金をかける親が増えたのと同様、

 

孫にお金をかけるシニア層が増えているのも事実です。

 

そういう意味でも2013年は、シニア層によるネットショッピングを含めた

 

“孫需要”がより活発化することが予想できます。

 

そのため、お孫さんが卒業・入学を控えているこの3~4月は、

 

シニア層をターゲットとした販促キャンペーンを展開すると、良い結果が生まれると思います。

[note color=”#faa8a8″]

ホームページ制作・ショッピングサイトの構築サービスが激安!

WordPressを利用してホームページ、ネットショップを始めたい方は、まずはコチラをご覧ください

[button link=”https://mideax.com/%E6%A0%BC%E5%AE%89%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E5%88%B6%E4%BD%9C/” color=”#ff0080″ size=”3″ style=”1″ dark=”0″ square=”0″ target=”blank”]格安ホームページ制作[/button] [/note]