Enter your search terms:
Top
 

ホームページのデザインはシングルカラムで!その理由とは?

さて、突然ですが質問です。

 

あなたのホームページはパソコンで見た時、どんなレイアウトになっていますか? 

 

今でも時々見かける「2カラム」「3カラム」になっているというサイトは、リニューアルを考えたほうがいいかもしれません。

 

なぜなら、今やウェブデザインはモバイルでの閲覧を中心に考える「シングルカラム」が主流になっているからです。

 

カラムとは

カラムとは、いわゆる「縦の列」のことです。

 

3カラムや2カラムの場合はスマートフォンなど画面の小さなデバイスで見た際にレイアウトが変更されます。一方シングルカラムはPCでもモバイルでもレイアウトが変更されないという特長があります。その違いについては以下の写真を見て比較してみてください。

 

【3カラム】


メインカラムを中心に、両サイドにサブの情報が掲載されるのが3カラムの特徴です。ニュース系のメディアなどテキスト情報の多いサイトに多く見られます。

 

【2カラム】


2カラムは、メインコンテンツの右または左にサブコンテンツが掲載されます。回遊率を高めたいブログなどに使われることの多いレイアウトです。

 

【シングルカラム】


シングルカラムは画面サイズの最大限に活かした大きなビジュアルや見出しなどで閲覧者へのインパクトを与えます。
また、デバイスに関わらず、上から順に段階を踏んだ情報設計が可能となるので、例えば、「注目を集めるビジュアル」→「サービスや企業の特徴の説明」→「利用者の声」→「申込・お問い合わせボタン」という風にユーザーを促しやすくなるため、集客に有効だとされています。

 
いかがでしたか? 

 

スマートフォンやタブレットなど、ウェブサイトを閲覧する主流のデバイスが小さくなった現代ではマルチカラムのサイトは閲覧しにくいだけでなく、グーグルが今年3月から正式に開始したMFI(モバイル・ファースト・インデックス)によってSEOにも影響しそうです。

 

もし、企業や店舗など集客が必要なサイトを大持ちの場合には早めにシングルカラムのデザインにリニューアルされることをオススメします。