Enter your search terms:
Top
 

重いiTunesをアンインストールせずにPCの起動を劇的に早くする方法

自身のPC自体が重くなってきたので、

実践したことをメモ的にここに記しておきます。

というのもですね、

PCの起動が遅くなった、起動後もPCの動きが重い、固まる

なんて時には、

不要なアプリケーションをアンインストールする。

というのがよく知られるところですが、

元から、あまり不要なプログラムなんて入れてないよ

っていう人が多い上に、

不要なプログラムを削除しても、実際はあまり軽くならなかったんですね。

そこで、起動プログラムを減らすことで対処しようとしたのですが、

さて、どれを外すべきか悩むわけですが、

いろいろ試してきたた結果、

iTunesをスタートアップ・プログラムから外すのが一番効果があることが判明しました。
(iTunesを使っていない人は、ごめんなさい。)

僕の場合、iTunesを毎日使うことはないので、PCの起動時にiTunesを立ち上げる必要がなかったんですね。

しかもiTunesは関連プログラムを含めると、けっこう重いプログラムなんですね。

そこで、ショートカットをデスクトップに置き、普段は立ち上げないようにして、

PCの立ち上げを軽くするというのが今回の処置です。

スタートアッププログラムから外すための、設定方法は簡単です。

1.「スタート」から検索窓に「msconfig」と入力し、システム構成ユーティリティを開きます。

赤で囲った枠内に、msconfigと入力

これが起動時に立ち上げているアプリケーションの一覧です。
(画像は英語版Windowsの画面ですが、日本語版でも同様)

 

[button link=”https://mideax.com/%E6%A0%BC%E5%AE%89%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E5%88%B6%E4%BD%9C/” color=”#ff00ff” size=”3″ style=”1″ dark=”0″ square=”0″ target=”blank”]PR: スマホサイト制作が無料!?[/button]

 

 

2. iTunesのチェックボックスを外します

iTunesチェックボックスを外す。

これだけです。設定後は再起動をしてみてください。

僕の場合は起動時間が約半減しました。

また、iTunesだけでなく、「iTunesHelper」、「qttask」のチェックを外しても通常の使用に問題ありません。

さらに、パソコンをもっと軽くするために、

iTunes関連のアプリケーションで不要なものを削除してみました。

僕の場合は以下のアプリケーションをアンインストールしました。

●Apple Software Update
iTunesの更新情報を教えてくれるアプリケーションですが、これがiTunes自体の起動を重くしています。更新は手動でもできるので僕は削除しました。

●Bonjour
iTunes の音楽データなどを共有するプログラムなのですが、自分だけで使っている場合には特に有効では荷と思います。(再起動後Bonjourが起動しませんなどのアラートが出ますが別に無視して大丈夫です)

この2つを削除することで、今度はiTunesの起動が劇的に早くなります。

[button link=”https://mideax.com/%E6%A0%BC%E5%AE%89%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E5%88%B6%E4%BD%9C/” color=”#ff00ff” size=”3″ style=”1″ dark=”0″ square=”0″ target=”blank”]PR: スマホサイト制作が無料!?[/button]

コチラは人によって、不要な人とそうでない人がいるので、

僕のように、iTunesを頻繁に使ってない人は試してみる価値があると思います。

アプリケーションのアンインストールの仕方は、

[スタート]→[コントロールパネル]→[プログラムの追加と削除]です。

これまでにPCの起動を早めるためにいろいろと試してみましたが、

iTunesの起動を制御することが一番効果が高かったように思います。

これで、こいつ(自分の使っているPC)とも、まだまだ付き合っていけそうです。

(あー、あくまでアンインストールなどは自己責任で行ってくださいね)

こちらも人気♪