Enter your search terms:
Top
 

GoogleがいよいよPCサイトを駆逐する?2017年に確実に知っておくべきMFIとは

検索エンジン最大手グーグルは2016年11月5日、Googleウェブマスター向け公式ブログで「モバイルファーストインデックス(MFI)」についての詳細を初めて日本語で詳細を発表しました。

MFIとは、これまでグーグルの検索結果は、主にデスクトップ(PC)向けのサイトを基準に評価してきたものを、モバイルサイトのコンテンツを第一に評価していくということです。

つまり、モバイル向けのサイトをもっていないサイトの評価は、今後、検索順位が下がる可能性が高くなるということを示していると言えます。

そこで今回はMFIを受けてどのようなサイトの改善が必要になってくるかについてまとめてみました。

レスポンシブデザインはSEO的に有利になるのか?

あくまで個人的な見解にはなりますが、結局、レスポンシブ・デザインで構築されたサイトがグーグル検索においては有利ということが言えます。

なぜなら、公式ブログにおいても「レスポンシブデザインや動的な配信を行っているサイトで、主要なコンテンツやマークアップがモバイル版とデスクトップ版で同一である場合は、何も変更する必要はありません。

主要なコンテンツやマークアップがモバイル版とデスクトップ版で異なるようなサイトの設定を行っている場合、いくつか変更を検討してみてください」とあるように、モバイルとデスクトップで作り分けているサイトはなんらかの変更が必要だと明言されているわけです。

もちろん、ユーザービリティを考えて、モバイル版とデスクトップ版を分ける必要がある業種もあるでしょうが、大規模なサイトでもない限り、今のうちからレスポンシブデザインでサイトを作り変えておくことが、手っ取り早いというわけです。

デスクトップ版サイトはインデックスされなくなるのか?

とはいえ、デスクトップ版のサイトがインデックスされなくなるわけではありません。

引き続き、インデックスされますが、モバイル版のコンテンツを充実させてきたサイトやページの方が検索において同条件ならば上位に来るようになる可能性が高まるということです。

そのため、デスクトップ版をなくす必要はありません。

もし、サイトのアクセスが下がるようであれば、モバイルでのアクセス状況について詳しく調べる必要があるでしょう。

デスクトップ版とモバイル版を別のドメインで作っているサイトはどうすればいい?

デスクトップ版とモバイル版を別ドメインで持っているというサイトはけっこう多いものです(例えば、mideax.comとm.mideax.comなどで分けている)。こういう場合は、Google Search Consoleにてモバイル版のドメインを追加する必要があります。なぜならば、サブドメインになっている時点でグーグルは別サイトとして認識するからです。