Enter your search terms:
Top
 

WordPressとFacebookを連携し自動投稿させるプラグイン「SNAP」の設定手順

WordPressを使ってブログなどを投稿している人は多いと思いますが、その投稿と同時にSNSにも連携・連動させて自動投稿できたら便利だとは思いませんか?

こうしたWordPressとSNSへの連動プラグインは数多くありますが、最近はFacebookのAPIが取得しにくくなったため、利用していなくなったという人も多いようです。

また、TwitterやFacebookのAPIを必要としない自動投稿プラグインとしてJetpackを利用している場合も多いようですが、Jetpackはかなり重くなるため、あまり推奨できません。僕もずっt使っていましたが不要な機能が多かったので結局外しました。

そこで、今回は最近注目度が高まっているSNS自動投稿プラグイン「SNAP(NextScripts: Social Networks Auto-Poster)」の使い方と設定の手順について紹介します。

長くなるので、今回はFacebook編です。Twitter編はこちらを御覧ください。

 

 

WordPressとFacebookを連携し自動投稿させるプラグイン「SNAP」の設定手順

1.SNAPをインストールWordPressとFacebookを連携し自動投稿させるプラグイン「SNAP」の設定手順

まずは、「プラグイン」→「新規追加」で検索ウィンドウに「SNAP」と入力して検索し、インストール→有効化へと進んでください。

000fa 1024x437 - WordPressとFacebookを連携し自動投稿させるプラグイン「SNAP」の設定手順

インストールしたら、早速SNAPの設定に入ります。
このように、SNAPの設定画面ではソーシャルネットワークを選択する画面が出てくるので、「Please select network…」をクリックしてFacebookを選択します。
すると、FacebookのAPIが必要なことが分かります。
002fa - WordPressとFacebookを連携し自動投稿させるプラグイン「SNAP」の設定手順そこで、一旦、Facebook Developerへと飛びます。

2.Facebook APIを取得

ここでは、WordPressとFacebookを連動させるためのFacebookアプリを作成します。
「アプリの作成」をクリックしてください。

01fa 1024x474 - WordPressとFacebookを連携し自動投稿させるプラグイン「SNAP」の設定手順
02fa 1024x437 - WordPressとFacebookを連携し自動投稿させるプラグイン「SNAP」の設定手順

上のような画面になるので、必要事項を入力していきます。

  • 表示名:アプリのタイトルです。
  • 連絡先メールアドレス:メールアドレスを入力します。
03fa 1024x437 - WordPressとFacebookを連携し自動投稿させるプラグイン「SNAP」の設定手順

アプリが作成されるとアプリの設定画面になるので、製品の追加(プロダクト+)から、ここではFacebookログインを選択します。

04fa 1024x437 - WordPressとFacebookを連携し自動投稿させるプラグイン「SNAP」の設定手順

次に、クイックスタートというチュートリアル的に作成画面が出てくるので、「ウェブ」を選択します。

05fa 1024x437 - WordPressとFacebookを連携し自動投稿させるプラグイン「SNAP」の設定手順

サイトのURL入力を入力します。
これでSaveすると一旦、Facebookアプリが作成されます。

ここまで、それほど難しくはないかと思います。

06fa 1024x437 - WordPressとFacebookを連携し自動投稿させるプラグイン「SNAP」の設定手順

アプリが作成されると、「アプリID」や「app secret」が表示されます。この2つをコピーしておき、以下の項目も埋めます。

  • 表示名:アプリのタイトル(設定済みのはず)
  • アプリドメイン:ホームページのURL
  • 連絡先メールアドレス:設定済みのはず
  • プライバシーポリシーのURL:空きでもかまいませんが、プライバシーポリシーのページを持っているサイトは多数あるはずです。そのページのURLを入力しておきます。

それ以外は空きにしておいても大丈夫です。
入力後、「変更を保存」する。

3.SNAPの設定画面でFacebook APIをペースト

07fa 1024x474 - WordPressとFacebookを連携し自動投稿させるプラグイン「SNAP」の設定手順

次にワードプレス管理画面に戻り、SNAPの設定画面で、さきほどの「アプリID」と「App Secret」を貼り付けます。

4.Facebookアプリで「クライアントOAuth」を設定

08fa 1024x437 - WordPressとFacebookを連携し自動投稿させるプラグイン「SNAP」の設定手順

3で設定が完了したかと思い試してみると、うまく連携ができていません。
実はここが重要で、「有効なOAuthリダイレクトURI」を入力しないと、認証できません。
ここに入力するのは、
https://あなたのドメイン/wp-admin/admin.php?page=nxssnap
となります。

08 2fa - WordPressとFacebookを連携し自動投稿させるプラグイン「SNAP」の設定手順

ドメインを入力したら、そのページの下段に「リダイレクトURI検証ツール」ツールというのがあるので、URLがをチェックして「有効なリダイレクトURLです」と表示されればOKです。

5.再度、SNAP設定画面でFacebookと連動

09fa - WordPressとFacebookを連携し自動投稿させるプラグイン「SNAP」の設定手順

再度、WordPress管理画面のSNAP設定に戻り、「Authorize Your Facebook Account」をクリックします。

10fa - WordPressとFacebookを連携し自動投稿させるプラグイン「SNAP」の設定手順

すると、このようにFacebookにログインするかと聞いてくるので、ログインをクリックします。
これはアプリとの連動でおなじみかと思います。

11fa - WordPressとFacebookを連携し自動投稿させるプラグイン「SNAP」の設定手順

次に自動投稿させたいFacebookページを選択します。複数のページを管理している場合は、複数にチェックすることもできますが、自動投稿は1つのFacebookページとしか連動できないので、注意しましょう。

12fa - WordPressとFacebookを連携し自動投稿させるプラグイン「SNAP」の設定手順

次に「ログインレビューの申請」と出るので、上記の2項目を「はい」にしてください。

13fa - WordPressとFacebookを連携し自動投稿させるプラグイン「SNAP」の設定手順

これで、あなたのWordPressサイトとFacebookが同期され、自動投稿が可能になりました。

14fa - WordPressとFacebookを連携し自動投稿させるプラグイン「SNAP」の設定手順

再度、SNAPの設定画面に戻り、上記のプルダウンから、どのFacebookページに自動投稿させるのかを選択します。

6.設定完了!テスト投稿してみよう

15fa - WordPressとFacebookを連携し自動投稿させるプラグイン「SNAP」の設定手順

設定ができたら、実際に自動投稿が可能になるか、「Submit test Post to Facebook」ボタンを押して確認してみましょう。

16fa - WordPressとFacebookを連携し自動投稿させるプラグイン「SNAP」の設定手順

Test投稿が成功したら、このような画面が出るので、これにて設定完了です!

WordPressの投稿をFacebookにも自動投稿させる意味

いかがでしたか? これでFacebookにも忘れずにブログなどを投稿できるようになりました。

SNSではタイムラインで自分の投稿がすぐに、見えなくなってしまうため、やる気をなくしてしまう人もいたかと思いますが、SNSでのオリジナルの投稿と合わせていくことで、読者へのリーチ率が高くなります。
また、SNSやブログは夜8時以降に閲覧が高まるので、WordPressの予約投稿も併せて活用することで、さらにリーチ率を高められることでしょう。

また、Twitterの自動投稿の設定はコチラをご覧ください。
WordPressとTwitterを連携し自動投稿させるプラグイン「SNAP」の設定手順