Enter your search terms:
Top
 

WordPressとTwitterを連携し自動投稿させるプラグイン「SNAP」の設定手順

WordPressを使ってブログなどを投稿してい場合、投稿と同時にその記事をSNSにも自動投稿できたら便利ですよね?

こうしたWordPressとSNSへの連動プラグインは数多くあり、前回の記事ではFacebookと連携させるプラグイン「Social Networks AutoPoster (SNAP)」方法をお伝えしました。

今回は、同じ「Social Networks AutoPoster (SNAP)」を使って、Twitterと連携させる方法についてお伝えします。

WordPressとTwitterを連携し自動投稿させるプラグイン「SNAP」の設定手順

Twitterは日本で約4,500万人のユーザーを誇る人気SNSです。特に10代、20代の若者層を中心に、有名人、芸能人の利用も多く、今でもSNSの王者のような存在です。そういう意味でもブログとTwitterとの連携はブロガーとしては重要です。それでは、Twitterと連携プラグイン「SNAP」の設定手順を見ていきましょう。

1.SNAPのダウンロードとインストール

まずは、SNAPをインストールします。WP管理画面から「プラグイン」→「新規追加」で検索ウィンドウに「SNAP」と入力して検索し、インストール→有効化へと進んでください。

000fa 1024x437 - WordPressとTwitterを連携し自動投稿させるプラグイン「SNAP」の設定手順

インストールしたら、SNAPの設定をしていきます
このように、SNAPの設定画面ではソーシャルネットワークを選択する画面が出てくるので、「Please select network…」をクリックしてTwitterを選択します。

002fa - WordPressとTwitterを連携し自動投稿させるプラグイン「SNAP」の設定手順

すると、TwitterのAPI Keyが必要なことが分かるので、Twitter Developerサイトにログインし、API Keyを取得します。

2.Twitter APIを取得

TwitterのAPI Keyを取得するには開発者アカウントとアプリが必要なので、以下のリンクから作成しましょう。

https://apps.twitter.com/

17tw 1024x474 - WordPressとTwitterを連携し自動投稿させるプラグイン「SNAP」の設定手順

「Create an app」から、アプリ作成をスタートします。

すると以下のような画面になるので、必要事項を記入していくわけですが、すべて英語なので、ちょっと面倒ですよね? そこで、必要事項の解説しますので、参考にしてください。

19tw 402x1024 - WordPressとTwitterを連携し自動投稿させるプラグイン「SNAP」の設定手順
  • App name:アプリに好きな名前をつけてください
  • Application description:このアプリの説明文を英文200文字以内で記入します。以下のサンプルを参照に、少しいじってコピペしてもらって大丈夫です。
    This app makes post to my twitter timeline when post a blog in my wordpress site austomatically.
  • Website URL:あなたのWordPressのサイトのURLを入力します。
  • Allow this application to be used to sign in with Twitter:チェックを入れる
  • Tell us how this app will be used:こちらも英文で記入。僕が申請をパスしたときに書いた内容は以下の通りです。コピペしてもらって構いません。
    The application will be used to show my Tweets on my website and it also will publish Tweets from my website to my Twitter account.
20Twitter - WordPressとTwitterを連携し自動投稿させるプラグイン「SNAP」の設定手順

申請ができると、登録しているメールアドレスに、確認のURLが届きます。承認クリックをして、再度デベロッパー画面にログインすると、キーとトークンが使えるようになっているはずですのでくるので、「keys and tokens」のタブをクリックします。

3.WordPressに戻り、SNAPにキーをコピペ

21 1 - WordPressとTwitterを連携し自動投稿させるプラグイン「SNAP」の設定手順

すると、API keyとAPI secret keyが表示されるので、こちらをWordPressの管理画面でコピペしていきます。

21fa - WordPressとTwitterを連携し自動投稿させるプラグイン「SNAP」の設定手順

また、Twitterの場合は上記のAPIキーに加えて、アクセストークンおよびアクセストークンシークレットが必要(つまり計4種類のキー)となります。

22twitter - WordPressとTwitterを連携し自動投稿させるプラグイン「SNAP」の設定手順

これで設定ができました。
Message Formatはツイッターに表示される表記方をどう表示するかを表しています。僕の場合は、

%TITLE% ➔記事のタイトル
%HTAGS% ➔タグをハッシュタグとして表示
%SURL% ショートURL

というように設定しています。

設定ができれば、最後に「Update Account Info」ボタンをクリックして設定を保存してください。

いかがでしたか?
設定には少し時間がかかりますが、1度設定できれば後はTwitterの更新も楽になるので、ぜひお試しください。
なお、SNAPの設定が正しくできているのに、うまく自動投稿ができない場合はほかのプラグインとコンフリクトしている可能性があります。
特にセキュリティーやキャッシュ系のプラグインが主な原因となりやすいのでご注意ください。